利息を含めて返済する

返済方法には約定返済があります

カードローンを利用した場合、毎月決まった金額を返して行くリボ払いが主体になります。例えば、10万円を借り入れた場合でも、リボ払いであれば毎月3,000円などの金額を返すことになるので、楽な返済が出来ます。しかし、毎月3,000円を返すとなると気になるのが利息です。10万円で月々3,000円の場合の返済回数は利息を考えなければ10万円÷3,000円=約34回、これに毎月の利息分が加算されるわけですから無駄な利息を支払い続けることになります。カードローンの返済方法は約定返済以外にも任意返済があります。任意返済は余裕がある時にまとまった金額を返すやり方です。任意返済は利息の支払い分が少なくなるため、総支払い額を減らせるメリットを持ちます。

早めに返せば利息も少なくて済みます

カードローンやフリーローンは使い道が自由になるローンで、買い物や旅行など必要なことにお金を使えるメリットを持ちます。返済は利息を加算して毎月一定額を返すことになりますが、支払い回数が30回の場合は、毎月一定の利息を30回支払うことになるわけです。10万円を借りても、総支払い額は元金+利息になるため、多くのお金を返す形になります。今月は少々余裕があるなどの場合、任意返済を併用するとまとまった金額を返すことになる、元金が大幅に減るメリットに繋がります。カードローンの場合は何度でもお金を借りることが出来るので、早めに返せば利息の支払い分が減りますし、再び利用限度額が申し込み時の金額に近くなるなど何度でもお金を貸して貰えるようになります。

 

© Copyright Loan To Small. All Rights Reserved