多額の融資は控える

シミュレーションをする必要性

お金の借入をするときは、事前に入念なシミュレーションが必須となります。安定的に最後まで返済を続けることにより、信用力を高めることができます。延滞回数が多いと信用情報に傷がつきますが、延滞の原因の大半は借りすぎによる返済計画の破綻にあるのです。安全な借入額は無理なく返済できる金額なので、毎月の可能な返済額をベースにしながら考えていく必要があります。
例えば当初は毎月2万円なら無理なく返済できると考えていても、途中になって厳しくなるケースはあります。毎月の返済額はなるべく抑えつつ、余裕のあるときに随時返済を組み入れる方法も検討してください。シミュレーションはローン公式サイト上から行えるので、ここで自身の返済能力を明確に把握しておきましょう。

なぜ多額の融資を受けるのは避けるべきなのか

最終的にいくら融資をするかは金融機関が決定するため、初回融資から思わぬ高額を借入できる方もいます。カードローンで最初から100万円の借入に成功する方もいますが、多額の融資を受けるほど完済率は低くなる現実があります。多額の借入により返済期間は必然的に長くなり、延滞するリスクが高くなるわけです。例えば返済回数が3回くらいだと無理なく返済できることが多いですが、60回となれば容易にはいきません。月1回の返済を5年間も安定的に続けるのは想像以上に難しいです。収支のバランスがマイナスになる月だと、返済は厳しくなってしまうでしょう。
借入を少なく抑えておけば、審査でも有利に働くメリットがあります。緊急で借りたい状況ほど、多額の融資は避けてください。

 

© Copyright Loan To Small. All Rights Reserved