返済が難しい場合は相談する

わかっていながら延滞するのは避けるべき

借入する時は毎月しっかりと返済していくつもりだったとしても、残念ながら返済が厳しい状況になる場合があります。急な出費が発生したり、仕事が決まらなかったりなどお金がなくなる状況は様々ですが、金融機関にとっては貸したお金が返済されない困った場面を迎えることになります。
返済日まで踏ん張ったにもかかわらず、どうしても間に合わなかった場合は返済をしない選択をする人はいるでしょう。ただ、間に合わないとわかっていながら金融機関に何も伝えることなく延滞してしまうのは、絶対に避けるべきなので借入をする時は頭に入れておくべきです。これを繰り返してしまうと信用がなくなってしまい、金融機関からお金を借りるのが難しくなります。

諦めるよりも相談しましょう

返済にどうしても間に合わないと事前にわかっている場合は、諦めるのではなく金融機関に相談すると良いです。すると、条件を変更して1回の返済額や返済期間を変更できる可能性があります。
ただ、条件を変更したからといって借入が少なくなるわけではないです。毎月の返済額をこれまでよりも小さくしたのであれば、それだけ返済期間が長くなってしまうため、発生する利息は多くなります。
それでも、残高不足で口座からの引き落としが不能になり、信用情報に傷をつけることに比べると大きな差があるので、条件の変更は相談してみる価値があります。他の金融機関でローンを組み、返済分を借りるという方法はありますが、借入が増えることを考えるとベストではないです。

 

© Copyright Loan To Small. All Rights Reserved