審査に落ちると借入できない

申し込みと同時に記録が行われます

銀行や消費者金融を使ってカードローンを利用する人が増えていますが、審査は申し込み書類の内容に沿って行われるだけでなく、信用情報機関が管理を行っている個人信用情報と呼ぶ情報データベースを活用して行われます。個人信用情報を照会すると、過去の借金の有無や返済遅延情報、申し込みの記録などを見ることが出来るようになっています。申し込み=個人信用情報の照会、などの流れになるため、1社目で審査に落ちてしまい、続けて2社や3社に申し込みを行えば、3社目の銀行や消費者金融は既に2社への申し込みを行っていることが分かります。申し込みの記録は半年程度で自動的に消えることになりますが、審査に落ちたらと言って次々に申し込みを行うと、申し込みブラックの状態になるので注意が必要です。

審査に落ちた理由を考えてみましょう

そもそも審査に落ちることには必ず何かの原因があるので、原因をしっかりと考えることが大切です。消費者金融などの場合は、総量規制が適用されるなどからも、申し込み可能額は年収の3分の1未満までになります。他社からの借入を持つ人は、借金の総額と申し込み額の合計が年収3分の1未満になっていることが条件になるので、こうした条件を知らずに申し込みを行うと審査に落ちてしまうわけです。さらに、個人信用情報には過去の借金に対しての情報も記録が行われています。返済遅延があった場合、返済をしっかりと行ってくれない顧客などの汚名を着せられてしまいます。また、ブラック情報が個人信用情報に記録が行われている場合も審査に通過が出来ません。

 

© Copyright Loan To Small. All Rights Reserved