借入する時の注意点

金融業者から借入する時にはいくつかの注意点があります。特に何も考えずに借入サービスを利用すると後で後悔する可能性があるので注意点を把握しておきます。これから、借入する時の注意点についてお話するので参考にしてくださいね。

審査に落ちると借入できない

多額の融資は控える

多重債務者にならない

多重債務に陥ることは珍しいことではない

カードローンを利用するなかで、限度額が足りないと感じてしまうのは珍しいことではありません。そんな場合は、増額審査を受けることによって限度額を増やすことができます。ただ、増額審査は厳しく行われることが多い上に、落ちた場合には一時的な利用停止や限度額の引き下げなどのデメリットが発生することがあります。そんなデメリットを避けるために、新たな業者で審査を受けるという方法を選ぶ人は少なくありません。増額に比べると新規の審査は通りやすい上に、落ちた場合もそのことが信用情報に記載される程度です。そのため、多重債務という道を選ぶ人も多くいます。ただ、借入先が増えればデメリットも発生することを覚えておくことが大切です。

多重債務のデメリット

多重債務のデメリットは、常に高い金利が適用されることと管理が大変なことです。100万円未満の借入であれば金利の上限は18%ですが、100万円を超えると上限金利は15%となります。複数の業者を利用する場合、総額が100万円を超えていても個々の借入が100万円未満の場合はそれぞれに18%の金利が適用されます。そのため、総額が多くなるのであれば多重債務は避けておく方が良いでしょう。更に、借入先が多くなると返済日や借入状況の管理も大変な状態となります。それだけに、よほどの事情がない限りは多重債務という道を選ばないことがおすすめです。借金と賢く付き合いたいのであれば、デメリットなどもしっかりと把握しておくことが大切です。

借入した時の返済について

滞納するのは良くない

家を購入する時は住宅ローン、車を購入する時はマイカーローンなどを利用する人は多いです。また、生活費の足しにしたり、緊急でお金が必要になったりした場面では、キャッシングやカードローンといった選択肢が…

利息を含めて返済する

カードローンを利用した場合、毎月決まった金額を返して行くリボ払いが主体になります。例えば、10万円を借り入れた場合でも、リボ払いであれば毎月3,000円などの金額を返すことになるので、楽な返済が出…

返済が難しい場合は相談する

借入する時は毎月しっかりと返済していくつもりだったとしても、残念ながら返済が厳しい状況になる場合があります。急な出費が発生したり、仕事が決まらなかったりなどお金がなくなる状況は様々ですが、金融機関…

フリーターが借入を利用する際の返済計画について

借入は一定額の安定した収入があるのが利用出来る条件です。勤続年数によってはフリーターも利用出来ますが、返済が滞ると社会的な信用が失墜するので利用額と返済計画は慎重に決めることを心がけます。

© Copyright Loan To Small. All Rights Reserved